記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

ひらめきのその先へ~「シェアエコノミー」とは?

記事作成: 石澤 礼子   記事編集: 田中嘉 | Innovation |2014.01.07

ひらめき2

あなたは空いた時間や使わない所有物を有効に使えたら、なんて思ったことはありませんか?現在アメリカでは、そんな空き時間や所有物を活用するサービスが広まってきています。見慣れた仲間内で過ごす代わり映えのしない毎日。

このサービスはもしかしたら、あなたの日常をがらりと変えることになるかもしれません。そして何よりも、ひらめきを実行に移すということの、ひとつの参考になるのではないでしょうか。

 シェアエコノミーとは? ~ネットで繋がる新しい形~

シェアエコノミーとは、個人の所有物を他人に貸し出すサービスのことを指します。対象となる所有物は空き室から車、ペットまで多岐に渡ります。

サービスを取り扱う企業も様々です。たとえばエアビーアンドビー(Airbnb)社は空き室の貸し借りを仲介しており、現在日本を含め世界192カ国でサービスを提供していて、既に900万人以上の人々が利用しています。リフト(Lyft)社は運転中のドライバーと移動手段を必要とする利用者とのマッチング・サービスを行っています。

また、借り手と貸し手を、インターネットを介して結びつけることもシェアエコノミーの特徴の一つです。スマートフォンの普及により、どこにいても手軽にインターネットにアクセスできるようになった現代によくマッチしたビジネスといえます。

シェアエコノミーの長所 ~副収入、節約、人のあたたかみ~

貸し手にとっては、なんといっても空いた所有物を持て余さないで済むということが大きいでしょう。借り手にとっては、以前ならば購入しなければならなかった物であっても、シェアエコノミーを通じて借りて済ませることができるという利点があります。

一期一会の出会いを楽しむというのもシェアエコノミーの一つの活用方法です。エアビーアンドビー社のホームページには、新たな出会いを楽しみ、日々世界を広げる貸し手と借り手双方の体験が掲載されています。ロサンゼルスに在住し貸し手としてエアビーアンドビー社を利用している男性の言葉を引用すると、「これまでまったく知らなかった人たちと信頼を築き親交を深めるというのは革命的な変化」なのです。

ひらめき1

シェアエコノミーの短所 ~新しさには問題がつきもの?~

一方で新しいビジネスであるシェアエコノミーには問題もあります。一つは法律上の問題であり、短期賃貸を禁止する法に違反したとして罰金を科された例もあります。
また、貸し借りに対する保障がきちんとなされていなかったため、家具一切を持ち去られてしまったという例もあったようです。

 

日本における可能性を探る ~お金よりも大切なもの~

シェアエコノミーについて周囲の人々に話してまず感じたことは、やはり見知らぬ人と物の貸し借りを行うことには根強い抵抗感があるということでした。日本においてシェアエコノミーの拡大を目指すならば、双方が安心して利用することができるシステムをより一層整えていかなければならないでしょう。

一期一会の出会いの場としてのシェアエコノミーにはまだまだ大きな可能性があると思います。たとえば貸し手としては、国内のみならず海外からの旅行客も積極的に迎えていくことで、人間関係をぐっと広げることができます。借り手としても、観光旅行や語学研修の際にシェアエコノミーを利用することで、経費を節約しつつも新たな出会いを手に入れることができるなら素晴らしいですよね。

人脈はお金よりも大切だとはよく言われることですが、シェアエコノミーを通じてどちらも手に入れてみませんか。

ひらめき2

大学生にとってシェアエコノミーとは?
~ひらめきを実行に移すということ~

シェアエコノミーは、「あったらいいな」を形にしたサービスの一つだと思います。自分の空いた時間や空いた部屋を有効に使えたら、という思いがインターネットの普及という現代の流れと重なって、成功と一層の発展の可能性をもたらしたのです。

普段何気なく過ごしている日常。その中でふと、「あったらいいな」と感じることはありませんか?そのひらめきは、実は大きな発明への導きかもしれません。「あったらいいな」をもう少しだけ深めてみましょう。

自分にとって当たり前な何かと絡めてみたら?既存のサービスと絡めてみたら?そこにはあなただけのオリジナリティが生まれてくるはずです。

漠然と遠くに感じている起業という行動の発端は、案外身近にあるのではないでしょうか。あなたの「あったらいいな」を形にするために、新たな経験をしてみませんか。

(記事作成:石澤 礼子   記事編集: 田中嘉 )

「いいね!」で、最近の情報をチェック!