記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

宝くじと投資と居酒屋のバイト。本当に儲かるのはどっち?真面目に計算してみた結果

記事作成: 和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子 | Innovation |2014.05.15

◆宝くじと居酒屋のバイト。本当に儲かるのはどっち?真面目に計算してみた結果

誰もが一攫千金を夢見る宝くじ。街中でも「この売場から〇等何人!」というような売場をよく見かけますよね。宝くじは本当に儲かるものなのでしょうか。数字を使って真面目に計算してみました。

今回は、年末ジャンボの1等が5億円の宝くじについて、データをもとに期待値を計算しました。結果が以下の表です。

2014y05m15d_203515102

つまり、期待値で考えると146円。一口300円とすると、10枚買っても期待値は1,460円。

収支:1,460円-3,000円=1,540という結果になりました。列に並んでから買うまでの平均所要時間を10分とすると、時給にすると-1,540円÷1/6=9276円(!?

一方居酒屋のバイトの平均時給を900円とすると、(よほど問題を起こさない限り)もらえる確率は1なので、期待値は900円×1=900

わかっていたことですが、やはり地道に稼いでいく方がよいみたいですね!

◆投資は本当に儲かる?

とは言っても、ちょっとでも楽をしてお金を稼ぎたい…というのが人間の性。そんな人が一度は考えるであろう投資。大学生でも周りでやっている人もいるのではないでしょうか。と言うわけで、(決して楽な訳ではありませんが)今回は自宅にいてもできる「投資」全般について簡単な解説を試みています。

ここでいう投資とは、いわゆる株売買のことだったり外貨取引だったりしますが、どれも基本的には、将来の価格変動を予想し、予め株や外貨を売買しておくことで、将来的にその差額で利益を儲ける(または損をする)ことです。株や通貨が上がるか下がるかということは2択ですから、一番単純に考えて確率的に言えば1/2で当たる訳です。

ただ、実際の変動は、政治や経済の動向、市場動向、消費者動向などあらゆるものが密接に絡んでくるため、直接的影響だけでなく、間接的な影響も様々に考えて判断しなければなりません。芸能人などで資産運用によって莫大な儲けを得ている人などもTVにたまに出てきますが、そういった人はごくごく一部。市場の金は一定なのですから、投資によって利益を得る人もいれば、もちろん損をしている人もいるということを、きちんと認識しておきたいですね。

◆最近よくきく「NISA」って何?

投資3

NISAとは、イギリス発祥のISA(個人貯蓄口座)にNIPPONのNを頭文字としてつけたもので、「少額投資非課税制度」を総称します。その名の通り、100万円までの少額投資に対して、税金を免除しようという制度です。

例えば、2014年に100万円分のA社株に投資したとします。5年後、めでたく株価が2倍になって、資産は200万円になりました。儲けを計算すると100万円です。税金の計算を考えると、普通であれば、100万円の20%(=20万円)が税金となりますが、NISA口座で取引をすると、なんと税金はゼロ。この場合はNISAを使ったことで、20万円も得しました。(「やさしい株のはじめ方」より)

様々な証券会社でNISA用の口座を作ることができますので、それぞれ長所短所を比べて、少額から始めてみるのはありかもしれませんね。

◆誰もが一度は聞いたことのある「FX」とは?

FXという言葉、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?いかにも、聞いたことはあるけど、説明はできないあるあるに挙がりそうな単語です。FXはもちろん奥が深いのですが、ほんの概要だけ説明します。

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことを意味します。為替の動きを読み、安い値段で外貨を買っておき、高くなった際に売ると、その差額分が利益となります。また、国内外の金利の違いを利用して利益を生み出すことも可能です。また、例えば手元に100万円しか持っていなくても、「レバレッジ(=てこ)」を利かすことで、その5倍、10倍といった大きな価格で取引することができるというのが特徴で、日本で一番人気な金融商品です。

なんとなーくわかっていただけたでしょうか?始めるときは入念な勉強をお忘れなく!

◆まずは「投資ゲーム」から!

投資

とは言っても、やはり実際にお金を使って投資してみるのはリスキーすぎるし怖い…という方にオススメなのが、「投資ゲーム」。名前は様々ありますが、どれもたいていはアカウント登録をすれば無料でバーチャル株取引を体験することができます。株価の動向ややり方なども、実際の株取引と変わらないので、臨場感を持って株式取引を体験することが可能です。

ハイリスク=ハイリターンという言葉があるように、何ごともリスクなくして本当の成功はありえません。そういったことを肌身で感じるものとして、投資活動をやってみるのもよいかもしれないですね。

(記事作成:和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!