記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

【今さら聞けない!】憲法改正?安全保障?集団的自衛権とは

記事作成: 和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子 | Future |2014.06.09

ここ最近ニュースや新聞でよくきく「集団的自衛権」という言葉ですが、みなさんどういうことかきちんとご存知ですか。「政治なんて大人に任せておけばよい」「どうせ知っても何にもならないし」そんな声が聞こえてきそうですが、集団的自衛権の問題は曳いては日本が今後戦争を容認する国家になるかどうかの問題でもあります。考えたくないことですが、もし戦争ということになれば徴兵制が導入されたり……?そんなことになれば、もはや他人事ではありませんよね。なので、今回は自分ごととして捉えられるよう、現在国会を騒がせている国家安全保障の問題についてわかりやすく解説します。

◆今さら聞けない集団的自衛権。「集団的」とは何の集団?

集団的自衛権という言葉を二つに分解すると、「集団的」と「自衛権」という単語に分けることができます。「自衛権」はもちろん、自衛する権利、つまり自分で自分の国を守る権利のことです。もし日本が攻撃されるようなことがあれば日本が日本の国土や国民を守るのは当たり前ですよね。このことを特に、集団的自衛権と対比して「個別的自衛権」と言います。

それに対し集団的自衛権とは、自国が攻撃をされていなくとも、同盟を結んでいる国が攻撃されたら自衛権を発動させること指します。具体的には、日本に駐在しているアメリカ軍が攻撃されることを主に想定しており、日本が直接的な攻撃を受けたわけでもないけれど日本が自衛権を発動させ、アメリカ曳いては日本を守るという考え方です。おわかりいただけたでしょうか?

◆「有事」って何?有事の反対は「無事」??

集団的自衛権の議論に付随し、有事の対応想定が急がれていますが、そもそも「有事」とは何のことでしょう?そのまま読めば「事が有ること」となりますが、「事」とはいったい何のこと?

結論から述べると、有事とは「戦争や武力衝突、大規模な自然災害などの国家にとって非常事態が起こること」であり、軍事的危機・経済危機・人為的大事故・自然災害などの総称を指します。

ただここで使われる場合の有事とはもちろん軍事的な危機が起こることを指しており、憲法で戦争を否定している日本では「戦時」という言葉は用いません。そして有事の対義語としては、こういった非常な事態のない、平和で穏やかな時のことを総称し、「平時」と呼びます。

◆「非」戦闘地域なのに戦争に巻き込まれる!?

安全保障政策の見直しの一つとして、自衛隊の海外派遣時の「非戦闘地域」の定義見直しも検討されています。非戦闘地域とは、そのまま「戦闘が行われていない地域」のことを指しますが、どこまでを非戦闘地域とするかの線引きはとても難しいところです。

100%の安全などどこにもありませんが、それでも過去の湾岸戦争やイラク戦争のときにはかなり厳格に基準が設けられており、自衛隊員の安全を守り、また応戦のための発砲も1発もありませんでした。ですが今回の見直しにより、

  1. 支援する他国部隊が現に戦闘行為をしている
  2. 提供する物品・役務が戦闘行為に直接用いられる
  3. 自衛隊の活動場所が他国の先頭行為の現場である
  4. 後方支援が戦闘行為と密接に関係する

の4つの基準すべてに該当する場合以外は、(つまり3つまでの該当であれば)自衛隊が後方支援を行えるようにできるような案が提出されました。後方支援の可能性が広がることで、非戦闘地域の活動であっても日本の自衛隊が戦争に巻き込まれる可能性が大きく増えることになります。

◆触れられたくない!グレーゾーン事態とは

有事を想定した具体的対応策として、政府は15の事例を提示しました。事例としては、PKO派遣中の自衛隊員が、現地で日本人が武装集団に襲われたときなどに救援することを許す「駆けつけ警護」や、外国の漁民が離島に上陸するなどして日本の国土を脅かすような「グレーゾーン事態」への対応が挙げられます。

日常的にもグレーという言葉は「白と黒との間=あいまい」という意味で使われますが、グレーゾーン事態とはいったいどのような事態なのでしょうか。

グレーゾーン事態とは、有事とまでは言えないが、海上保安庁や警察の手には負えないような「準有事」とも呼べるような状況を指し、自衛隊の出動ルールにおける「防衛出動」と「治安出動」の境界にあるとされる事態です。グレーゾーン事態はやはり境界上にあるあいまいな問題だからこそ、グレーゾーン事態と言われるのですね。

◆日本人が大好きな「限定」の恐ろしさとは

報道各社の世論調査では、集団的自衛権に対する賛否は賛成が30%弱、反対が55%ほどと反対が賛成を上回りますが、限定的に(集団的自衛権を)容認するかどうかという世論調査では、賛成派が7割にも上ります。

政府は「我が国の安全に重大な影響を及ぼす可能性がある場合にのみ集団的自衛権を行使する」と見解を述べていますが、果たしてこれを限定的と言えるのでしょうか…

この調査の結果に、「限定発売」や「数量限定!」などの「限定」が大好きな日本人の特性を見たような気がします。自分の国の方向性を自分たちの意志で決めることができるように、きちんと知識武装し、遠く思える政治のことも自分のこととして考えていきたいものです。

集団的自衛権シリーズ、いかがでしたでしょうか?上で説明したのはあくまで基礎の基礎。もっと知りたくなった方は、本を読むなどして、自分の頭で考えられるようにしたいですね!

facebook,twitterで他の記事の更新情報をチェック!

(記事作成:和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!