記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

【FIFAランクの決め方は?審判の資格は?】サッカーW杯を100倍楽しむための5つの豆知識

記事作成:   記事編集: 和田有紀子 | Global |2014.06.23

soccer-balls

◆昨年FIFAランク5位のベルギーを下した日本は現在46位?FIFAランクはどう決まる?

コロンビアはFIFAランク8位。対する日本は46位。数字だけ見るとすごい差です。でも、昨年日本は当時5位のベルギーには勝利。なのになぜこんなにFIFAランクが低いのでしょう?そもそも、FIFAランクってどう決まるのでしょうか?

詳しい計算方法はここでは述べませんが、

 「勝ち点×試合の重要度×相手国の強さ×大陸の強さ」

で算出されるポイントを各試合ごとに足し、一定期間内の合計ポイントでFIFAランクが決まります。 この計算方法だと、強豪の少ないアジアとの試合が多い日本には、非常に不利。実際、アジア以外の強豪国と戦い勝利した2010年のW杯後には、日本は19位になりました。

FIFAランクはある程度は信憑性がありますが、46位だから日本が弱いという認識は必ずしも正しくないでしょう。

◆“日本の10番”は奮起するか!?そもそも何故”10”がエース番号に?

コートジボワール、ギリシャとの試合。いずれも日本は満足できる結果とは言えませんでした。“日本の10番”の調子が良くないのも1つの要因でしょう。

さて、サッカー好きの方は今、自然と日本の10番が香川選手の背番号であり、同時にエースナンバーだと認識していたと思います。ネイマールやメッシ。強豪国のエースもやはり背番号は10。では、なぜ”10″がエースナンバーなのでしょう?

それは、サッカーの王様“ペレ”が背番号10を付けて、ブラジルをW杯優勝へ導き世界を席巻したからなんです。選手たちはペレに憧れ、いつしか”10”がエースの背番号となりました。

ちなみに、本田選手の背番号は4ですが、「4番が日本でエースストライカーの番号になってもいい」と取材で述べています。このように、背番号にも選手の想いが乗っているんですね。背番号に注目して試合を観戦するのも1つの楽しみ方です!

◆40mを6.2秒以下で走る!?サッカーの国際審判の選考基準がすごい!

日本の西村雄一さんの笛で開幕したブラジルW杯。日本では審判にも注目が集まった開幕戦でした。さて、そもそもW杯の審判にはどうしたらなれるのでしょう?

簡単に説明すると、W杯の審判をするためには、まず国際審判という資格(←45歳が定年)が必要。次に、国際審判の中から協会の推薦および選考があり、通過した人がW杯で審判を務めます。選考基準には、体力テストや心理テスト、知識を問う筆記試験があり、中でも、体力テストがすごい!

なんと、審判は体力テストの1つで、40mを6.2秒以内で6回走らされるのだそうです。1回でも失敗すると失格…!審判の走力と体力が分かりますね。ちなみに、1試合での審判の走行距離は11~14kmで、選手と同じくらいだそう!

審判のすごさを知ってから試合を観ると、一味違うかもしれません。

◆日本の3試合の移動距離は5000km超!?W杯で勝敗を分けるのは選手の能力だけじゃない? 

グループリーグ敗退が決まった日本代表。敗因として1つ指摘されているのが、①キャンプ地イトゥから試合会場への移動距離の長さと、②キャンプ地と試合会場の気候の違いです。今回は、W杯という特殊な大会の舞台裏に注目してみましょう。

実際、日本代表の移動距離の総計は、5726kmでグループ最長。しかも、試合会場が熱いのに対し、イトゥは涼しい気候。選手たちは疲労がたまり、試合環境にも適応できず、コンディションが上がらなかったのかもしれません。

キャンプ地は、W杯開催期間中に選手たちがリラックスできる唯一の場所で、非常に重要。適切なキャンプ地選びは勝敗を大きく分けると言えます。

次のW杯はブラジル以上に国土が広いロシア。もしまた日本がW杯に出場できたら、どこをキャンプ地に選ぶのか、是非注目してみてください!

◆優勝国はアルゼンチン!?W杯優勝国にまつわるジンクスとは

日本のいない決勝トーナメント。かなりのサッカー好きを除けば、あとは優勝国が1番気になりますね。 歴史の長いW杯。だからこそ面白いジンクスもたくさん!有名な4つのジンクスから、優勝国を予想してみましょう。

  1. 62年大会以来連覇なし。(前回優勝のスペインは、今大会で既に敗退)
  2. 南北アメリカ大陸で開催されたW杯では、南米勢しか優勝したことがない。
  3. W杯前年に開催される国際大会「コンフェデ杯」の優勝国は、翌年のW杯で優勝できない。(2013年優勝はブラジル。この時点で、候補はコロンビア・アルゼンチン!)
  4. アルゼンチンが優勝するときは、左利きの選手が背番号10。(今大会のアルゼンチン10番は左利きのメッシ!)

 

ジンクスによれば、アルゼンチンが一番優勝に近いかも? もしくはコロンビア!他にも様々なジンクスがあるので、みなさんも、優勝国を予想して残りの試合を楽しんでみてください!

以上、W杯の豆知識でした!楽しんでいただけましたか?

*こんな記事を書いてほしい、こういった記事が面白かった!といったご要望がありましたら、ぜひお問い合わせフォームよりいつでもご記入くださいませ。

他の記事の更新情報は、FacebookTwitterでチェック!

(記事作成:   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!