記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

【経済のことがよく分かる!】今さら聞けない、アベノミクスと経済政策

記事作成:   記事編集: 和田有紀子 | Future |2014.06.29

file471236093684

◆今さら聞けない!アベノミクスとはどのような政策?

アベノミクスとは、第二次安倍内閣の掲げた経済政策のことを意味します。2013年には流行語大賞にもノミネートされ、誰もが一度は聞いたことのあるこの言葉ですが、アベノミクスとは何かを説明することはできますか?

簡単に説明すると、「過去20年間日本経済を停滞させてきたデフレを解消するための大胆な政策」であるといえるでしょう。
政府の支出・規制緩和により企業業績を改善することで、賃金の上昇や雇用の拡大を促し、それがさらなる消費の拡大につながるといった好循環・持続的な経済成長を目標としています。

具体的数値としては、10年間の平均で名目GDP成長率3%程度の実現、そして10年後には名目国民総所得の150万円以上の拡大が期待されています。

◆アベノミクスの経済戦略「3本の矢」とは

アベノミクスの基本方針として「3本の矢」という言葉があります。
語源は毛利元就の「矢一本なら一人の力で折ることができるが、三本となったときはなかなか折れない。このように兄弟三人が力を合わせなければいけない」という言葉にあるそうです。

その3本の矢とは、「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「新たな成長戦略」のことを指します……といわれてもピンときませんよね?
それぞれもう少し具体的に説明すると、

  1. 金融緩和で市場に流通するお金を増やし、デフレマインドを払拭
  2. 約10兆円規模の公共投資による、事業創出・雇用拡大
  3. 規制緩和等により、成長の見込みのある新産業を支援

することです。

このようにアベノミクスは、 とりわけ知恵を絞った斬新な政策ではなく、極めて教科書的であり、決して難しい政策ではないといえるのですね!

◆プロ野球にもアベノミクスの触手が!?野球と政策の意外な繋がり

「プロ野球を今の12球団から、16球団に増やそう」
日本の野球ファンによるさまざまな議論を呼んだ「プロ野球16球団構想」。実は、この構想もアベノミクスの一環なのです!

どこかお堅いイメージのあるアベノミクス。しかし、5月23日に自民党の発表した「日本再生ビジョン」の一つとして、この16球団構想は盛り込まれていたのです。具体的には沖縄、静岡、四国、北信越を球団の本拠地候補として挙げており、球団増設によって地方都市と地域経済の活性化を図ろうとする「地域活性化」を目指すアベノミクス成長戦略の一環だったのです。

またこの他にも、以前このサイトで紹介した「TPP問題」もアベノミクスの経済戦略の一つにあげられます。

◆いいことばかりじゃない?アベノミクスの抱える問題点とは

みなさんは、アベノミクスが円高・円安どちらに誘導しようとしているか知っていますか?正解は「円安」です。20年という長きにわたるデフレ、そして2008年のリーマンショックや11年の震災からの景気低迷を打破することが目的です。

アベノミクスの3本の矢のうち最初の2本、すなわち「金融緩和」と「財政出動」はこの目的を達成するための政策です。労働需要の縮小を解消したり、輸出企業にバイタリティを与えるという意味で評価されやすいアベノミクス。しかし、円安に誘導することで生じる問題ももちろんあります。

円安で相対的に円の価値が低くなると、物価は相対的に高くなり、特に低所得者の購買力が縮小して格差が広がりやすくなったり、エネルギーを海外から輸入している日本では、原油や天然ガスなど欠かすことのできない資源の高騰により、ますます貿易赤字が大きくなります。

一般的には評価の高いアベノミクスですが、二面的な捉え方をしてしっかり考えたいですね。

◆他人事じゃない!アベノミクスは大学生にメリットはあるの?

ここまで4回にわたり説明してきたアベノミクス。結局自分たち大学生にとってはメリットのある政策なのでしょうか

前回、国債を発行することでお金の流通量を増加させる、ということを説明しました。
お金の周りが良くなることは、会社が銀行からお金を借りやすくなることを意味します。

つまり、そのことで会社は設備投資・雇用拡大に資金を調達しやすくなるのです。
実際、2014年6月に文部科学省と厚生労働省が発表したデータによると、大学生の内定率(2月1日時点)は82.9%と3年連続で改善されていたそうです。

まさに、アベノミクス効果による雇用拡大は、就活中の大学生にとって就職内定率が上昇するというメリットとなっていたのです!

TPPや集団的自衛権、安保問題など、様々な動きを見せる安倍政権。賛否両論意見がありますが、あなたはどう考えますか?

更新情報は、FacebookTwitterでチェック!

アベノミクスに興味がある人は、こんな記事もおすすめ!

消費税増税で日本は良くなるか?大学生が知っておくべき日本の財政事情

【明日から話せるホットなニュース】今さら聞けないTPP問題

 

(記事作成:   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!