記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

街を歩けば20もの言語が聞こえる!?カナダバンクーバーでの留学生活とは

記事作成: 吉田 圭佑   記事編集: 和田有紀子 | Global |2014.07.18

世界中から集まった人々が互いに尊敬し合い、調和して暮らす多文化の国、カナダ。多文化であるだけでなく、自然、教育、治安においても豊かな国と言われています。今回は、カナダでの留学生活の様子を実際に留学中の友人に話を聞いて、まとめてみました。

・1日のスケジュール 

5時半 起床
~7時 課題をしたり英語のDVDを見たり
9時〜12時 大学で授業
12時〜13時 カフェテリアでランチ
13時〜16時 大学で授業
 〜19時 free time(友達と出かけることが多い)
 21時〜24時 課題をこなしたり新聞を読んだり

 カナダにある語学学校に通う彼女は、基本的に朝型の生活を送っています。語学力向上のために英語のDVDや新聞を読んでいるようですね。学校には、さまざまな国籍の学生がいて、韓国、ベルギー、ベトナム、サウジアラビア、タイ、ブラジルなどなど、いろんな国から来た人と交流ができているようです。

2008-vancouver-7

・日本と留学先での勉強に対する意識の違い

日本と外国では、勉強に対するモチベーションが全く異なるそうです。例えば、英語について、日本では英語が話せれば advantage ですが、外国ではむしろ、英語を話せないことは disadvantage になってしまうそうです。

 

・バンクーバーの特色

カナダの大都市バンクーバーは、とにかく国際色が豊かなのだとか。彼女によると、ダウンタウンのメイン通りを端から端まで歩けば20の言語が聞こえてくると言われているそうです。意外なことにダウンタウンには日本料理や韓国料理のお店がたくさん見られるようです。また、ダウンタウンにはいわゆる「カナダ人」はほとんどいないそうで、いかにバンクーバーが国際色豊かな街であるかを示していますね。

DSC_0018

・日本では考えられないお祭り

カナダでは、日本では違法薬物として取り締まり対象となっているマリファナが合法とされているため、マリファナフェスティバルなるお祭りが存在するそうです。いたるところでマリファナを吸って盛り上がる人々が見られるのだとか…。日本にいる私たちにはなかなか想像がつかない光景ですね。他にもマリファナクッキーというものも販売されているのだとか。どんな味がするのでしょうか…

・ホームステイの様子

留学先ではルームシェアやホームステイを利用する人が多いようです。ホームステイは家庭によって生活が全く異なります。例えば、同じ家に住んでいるのに入り口や部屋が完全に別で、食事の時のみ顔を合わせるホストファミリーや、いろいろな観光地に連れて行ってくれるホストファミリー、夜中の1時に帰ってきても全然問題ないホストファミリーなどいろいろな家庭があるようです。冷蔵庫に鍵がかかっているためにお腹が空いてもホストファミリーが戻ってくるまで何も食べられないということもあるようです。

TBCCWDisplay.ms-2

いかがでしたか?ちなみにバンクーバーは、「世界の住みやすい都市ランキング」で2013年は第3位、2008年から2012年にかけては5年連続で1位に輝いていました。
食べ物もおいしく、気候もマイルドでさまざまな国の人と出会う事のできるバンクーバーに、ぜひあなたも行ってみませんか?

(記事作成:吉田 圭佑   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!