記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

ルワンダで教育革命を起こした現役大学生牧浦土雅さんが語る、 世界を舞台に活躍する方法とは(前編)

本場TEDからインタビューを受け、今メディア大注目の社会起業家!

記事作成: 中野 綾香   記事編集: 和田有紀子 | Global |2014.08.03

ルワンダで教育革命を起こし、TEDxにも出演、本場TEDからインタビューされた経験をお持ちの牧浦さん。このように世界を舞台にして活躍されている牧浦さんは実は弱冠20歳、私たちと同じ現役大学生とのこと。これを聞いただけでも彼の生い立ちや行動力について知りたくなりますが、加えて彼は13歳の時に単身で日本を飛び出し渡英したという経歴の持ち主でもあります。ではこのような積極性はどこから生まれてくるのか、そして世界で活躍するために必要なものとは何なのか。牧浦土雅さんにお聞きしました。

社会起業家/Needs-One ltd.共同創業者/e-Education Projectルワンダ代表

牧浦土雅(まきうら どが)

1993年、東京都生まれ。英国ボーディングスクール出身、ブリストル大学在学中。アフリカ、主にルワンダで国際協力機関と農民とを繋げるプロジェクトを牽引。日本企業の東アフリカ進出へのコーディネートや、国際教育支援NGO活動などにも携わっている。英国と日本では、フェアトレードによる各国のプロダクトの輸出事業を行なう。TEDx出演時の動画は大きな反響を呼び、後日日本語に翻訳され書き起されたほど。"真の国際協力"をテーマに活動中。インドのスラム街に住む40万人に貧困サイクルを抜け出す様々なサービスを提供するNGO「Asha Society」:アンバサダー。 2014年1月、TEDの選ぶ『世界の12人の若者』に選出。著書に『アフリカ・奇跡の国ルワンダの『今』からの新たな可能性』(DBS社)がある。
オフィシャルサイト/ブログ:http://www.dogamakiura.net

学生インタビュアー

中野綾香(なかの あやか)

1992年、長野県出身。慶應義塾大学法学部政治学科在学。
普段は見ることの出来ない人間の新たな一面・魅力を、インタビューを通して引き出したいという信念のもと、トモノカイgi人材projectで活動を始める。

牧浦1

ルワンダで教育革命を起こした20

中野「現在、牧浦さんがルワンダで行なわれているe-Educationプロジェクトとはどのようなものなのでしょうか」

牧浦「私はe-Educationという日本発のNGO団体に所属していて、そこで様々なプロジェクトを行なっています。具体的には、映像授業を用いて途上国に存在する教育問題を解決しようといったミッションを掲げて活動をしています。これは1994年に起こったルワンダ大虐殺によって教師が殺されてしまったために圧倒的に先生の数が足りないといった問題、また都市部と農村部の貧富の差が開いているといった問題を背景として、その解決のために活動を行っているのです。そして私たちが特に注目している授業は高校の化学です。というのもルワンダの場合、大学受験の際に化学の知識がとても大切になるからです。試験を突破して大学に行くことが出来れば、新しい人生のオプションが開けます。ルワンダの大学入試は日本とは違い、実践的な教科を非常に重視しており、その中でも化学の実技試験では実際に実験器具を使って色やにおいの変化の実験をしていくのです。つまり実際にどのように実験をやればいいのかがわからない限り試験で合格することは出来ません。現在のルワンダの試験において実技とペーパーの割合は3:7ですが、2015年から5:5の割合に変更され、化学の実技に対する重要度がより高まることとなります」

「しかしながら貧困層の多くが暮らす農村部では実験に使う液体や薬品が十分ではありません。したがって自分自身の手で実際に実験をして学ぶことが難しい状況なのです。都市部の学校は比較的裕福なので実験用品が揃っており、それを使って勉強が出来るため試験においても難なく点数を取れる状況なのですが、農村部の生徒はそうではないため試験でも不利になってしまう。モノクロの教科書しかない状況であるとため実際の色の変化などがわからず、どのようなプロセスを経ながら実験をしているのかということを把握することも難しい。この問題をどのように解決するかを考えたときに、ルワンダで一番教え方の上手いと言われている理科の先生に交渉をして、実際に先生が化学の実験をしている模様をビデオに撮りDVDに編集するということを思いつきました。DVDにすることでたとえ農村部の貧しい人たちであっても実際の理科の先生がやっている実験のカラーチェンジを映像で見ることができるようになる。もちろん農村部には液体がないので実際には実験をすることはできないのですが、映像授業によって効果的な勉強をし、その上で生徒が試験に臨めるという状況を生み出せることこそが重要だと思っています」

中野「この活動によって農村部の子供たちにどのような影響があったのでしょうか」

牧浦「イギリスの教育モデルを取り入れているルワンダでは、日本のような大学別入学試験ではなく、全国統一の高校卒業試験兼入学試験によって行ける大学が決まります。したがって大学ごと特徴のある試験に対応する必要はないため、DVD授業によって生徒全員が試験対策を出来るようになるのです。活動を始めた年には、6校舎700人以上の生徒たちにDVD映像を提供して勉強の支援を行うことができ、結果的にテストの点数を平均46%上げることが出来ました。インターネットが普及している現在ではe-learningなどの学習ツールもあるのですが、Wi-Fiの繋がらない農村部ではそのような最新テクノロジーを用いることが出来ません。したがってDVDにコンテンツを収めてしまえば、いつでもどこでも自由な時間に授業を見ることができます。このようなDVD配布によるe-Educationの支援は、私たちが現地からいなくなった後も永遠に続いていく教育支援の形だと思っているため、今後も続けていきたいと思っています」

中野「DVDという形での教育支援ということですが、ルワンダの農村部にはDVDのコンテンツを再生する機器はあるのでしょうか」

牧浦「ほとんどの農村部の学校にはきちんとした校舎がありますし、イスもテーブルもあります。しかしながらコンピューター室のように個人で映像授業が見れる部屋がないときには、体育館の白い壁にプロジェクターで映像を映し出し、発電機で発電をしながら全校生徒で同じ画面を見て勉強をするということをしています」

中野「化学と数学に焦点を当てたDVDを作っていらっしゃいますが、ルワンダでは科学者や医者を志す子どもが多いということでしょうか」

牧浦「ルワンダは1994年から大成長を遂げ、『奇跡の国ルワンダ』といわれています。そして、『アフリカのシンガポールになる』ということを国の目標にしています。ご存知の通りシンガポールはITなどの高度なテクノロジーによってアジア経済の中心となっているのですが、ルワンダもアフリカの中心地となりたいと思っているようです。ITなどの情報技術を使って国を発展させていこうという目標のもと、大学の授業でもコンピューターサイエンスやプログラミングなどの教科が多く設置されています。したがって大学生が受講する授業数も必然的に数学や化学の割合が多くなっていき、大学卒業後も政府が提供する職の多くが技術系であるため、生徒たちが積極的に科学者になりたいと思っているというよりは、このような状況が目の前にあるからということが理由かもしれません。また、ITは雇用を生み出しにくい業界であり、従来の人間の職を奪っているといっても過言ではないため、ITに適応できる人材を生み出すことが今後のルワンダの課題といわれています」

牧浦2

中学2年で渡英、そしてルワンダへ

  中野「牧浦さんはなぜルワンダへの渡航を決めたのですか」

牧浦「私は杉並区立和田中学校に通っており、そこには初めて民間から校長になられた藤原和博先生がいらっしゃいました。私は中学2年生の時から本格的に留学することに関して考え始めていたこともあり藤原先生に話したところ、『お前はこんなところに留まっていないでとりあえずイギリスに行って世界を見て来い』と背中を押されました。その後私はイギリスに留学をし、無事に高校を卒業しました。そして一時帰国をしている時に藤原先生と再会し、イギリスの大学に入学してギャップイヤーを取るということ、以前からチャリティーや国際開発に興味があるなどといった話をしました。その際に藤原先生からe-Educationの紹介を受け、団体の代表からルワンダでの活動を回していける人を探しているという旨を聞きました。そこで私は、『では行きます』とノリで承諾し、1か月後にはルワンダでの活動を始めました」

 中野「そのようなきっかけで行かれたルワンダですが、そのルワンダの魅力とはどのようなものでしょうか」

牧浦「多くの人がルワンダと聞いて最初に思い浮かべることはルワンダ大虐殺だと思います。その悲劇が起こったのは20年前であり、100日間で80万人もの人が殺されてしまいました。また男性が優先的に殺されたため、労働人口である20~40代の人たちがいなくなってしまった。この結果人口の30%の人が虐殺され、1994年の経済成長率はマイナス50%となりました。しかしながらルワンダはこのような悲劇を乗り越えて急激な成長を遂げ、現在の成長率は6~7%。ビジネスのしやすいアフリカの国ランキングでトップ10に入るようなったのです。このように奇跡とも言えるような発展を遂げたルワンダの成長過程を学ぶことはとても楽しいですし、途上国の今後のロールモデルになるのではないかと考えています」

「また、ルワンダの1年と日本の1年とは全く違っているという点も魅力的ですね。日本では1年経ってもそれほど変化がないのに対して、ルワンダではとにかく多くのビルやホテルが建築されていきます。その過程で国の政策も変わっていき、トップダウンの構造ではあるのですが多くの意思決定がなされ、3・4か月で劇的に国政が変化していく。このようなことが面白いです。また国土面積が四国の1.5倍ほどのしかなく、大きさ人口も1,100万人に満たない国が、どうして世界から注目されるようになってきたのか、その小さな巨人の魅力を現在探している最中でもあります」

 中野「牧浦さんはどのようなことをやりがいにしてルワンダでの活動を続けていらっしゃいますか」

牧浦「DVD映像授業を見て勉強してくれている生徒たちの笑顔にやりがいを感じるのはもちろんなのですが、自分たちの国を発展させていこうというルワンダの方の熱意によってモチベーションが上がります。現在の発展途上国では、20億人以上の人が毎日2ドル以下で生活しているのですが、今後2050~2060年になるにつれてより成長していくと思います。発展途上国の可能性を信じて競争心を持ちながら頑張っているルワンダの方とともにビジネスをしていくのはとても楽しいのです」

「そして自分の行動が結果としてすぐに出るということもモチベーションに繋がっています。日本などの先進国で同じような教育支援をしてDVD配布などを行っていたとしても効果は薄く、反応があったとしても2・3年かかってしまいます。また私の20歳という年齢では人脈も資金力も不十分であり、すでに市場が確立している場所で結果を出すことは難しいのです。しかしルワンダに実際に足を踏み入れて活動している人は少ないため、現地に赴いてプロジェクトを進めることによってすぐに結果が認められて次のステップに進んでいくことが出来る。私は資金力や年齢、知名度など関係なく進めていけるこのような形によって国際貢献をしていきたいと思っています」

 中野「卒業後はソーシャルビジネスを起こしたいとお聞きしていますが、具体的にはどのようなことをする予定ですか」

牧浦「私は日本の技術などを生かしてアフリカに限らず発展途上国の発展に貢献していき、先進国・途上国間の壁をなくしていきたいと思います。それを実現するためには政治を含め様々な要素が必要だと思っているため、色々なことに目を向けていきたいです」

後編はこちら→http://gipj.net/news/140803-2/

(記事作成:中野 綾香   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!