記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

【平日毎日更新】いまさら聞けない政治のあれこれ。総理大臣の給料はいくら?大統領と首相の違いとは。etc.

記事作成: 和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子 | Future |2014.08.11

7月1日の「号泣会見」で一躍有名となった兵庫県議会の野々村議員。そのとき飛び交ったのが使途不明な「政務活動費」という言葉ですが、そもそもみなさんは政務活動費というものがどういったものかご存じでしょうか。
今週のニュース記事では、意外と知らない政治や政治家に関係する豆知識を、分かりやすくお送りします。

最高月々60万円の支給!政務活動費とは?

野々村議員の会見で初めて聞いたことのある人も多いでしょう、「政務活動費」という言葉。政務活動費とは、地方議員が政策などについて調査研究することを目的に、議員報酬とは別に公費から支払われるもので、地方自治法で各自治体ごとにその金額は定められます。野々村議員のような県議会議員だけでなく、区市町村の地方議員も支給されており、区市町村の場合は月々数万円単位、県議会は20万円~ということが多いようです。その中で最も高額なのが、東京都議員の月々60万円。この活動費を使って自治体議員は、議員活動に関係する書籍を購入したり、民間主催の議員研修会に参加したり、先進地視察の費用にあてたりしています。ただ、自治体によってはその報告書の提出を徹底していなかったりすることもあり、議員が議員活動以外の目的で使用していることもあるようで、野々村議員の問題を皮切りに、その他の自治体でも明るみに出始めました。

高い?低い?総理大臣の給料はいくら?

みなさんは日本の内閣総理大臣のお給料がどれくらいか考えたことありますか?そもそも内閣総理大臣は、国家公務員の一員であり、一般職の国家公務員とは別に、特別職に分類さます。内閣総理大臣をはじめ、両院議長や最高裁判所長官国務大臣など各種トップの給与は、「特別職の職員の給与に関する法律」により規定されており、内閣総理大臣の月収は2014年4月現在で2,050,000円。この月給に加え、地域別の特別手当(東京都の場合18%)が乗算され、2,419,000円となります。12月分では単純計算で2,900万円ほどになりますが、これに特別手当(いわゆるボーナス)などが加算され、約5,000万円となります。
これを高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれですが、ちなみに主要各国のトップの年収は以下の通り。

アメリカ大統領…4,200万円
カナダ首相  …3,200万円
フランス大統領…2,400万円
ロシア大統領 …1,700万円

各国により税制度が異なっていたり、例えば東日本大震災のときには首相のお給料が3割カットになったなど、さまざまな外部要因もあり、一概に比べることはできませんが、あなたはどう考えますか?

seiji_blog_8

閑話~警護の「最後の砦」、SPの知られざる真実とは~

総理大臣などの要人を警護する役割としてTVドラマなどでもよく耳にするSPという言葉。SPとは、Security Police の略で、要人などを守るための「警備警察」に該当します。SPは、数多くいる警察官の中でも「警視庁警備部警護課」に所属された精鋭の集まりで、選考には厳しい基準が設けられています。

~SPの選考基準~
・身長173cm以上、30歳未満であること(SPに選ばれるときの基準なので、30歳をすぎてのSPもたくさんいます)
・階級は巡査部長以上かつ、実務経験が1年以上あること
・柔道または剣道どちらかが三段以上であること
・射撃の成績が上級であること(具体的には20秒間に25m離れた先の10cm径の的に4発以上命中させること)

SPのほとんどは男性ですが、要人がトイレに行く前やホテルの部屋前で常時見張りをする必要があることから、少ないですが女性SPもおり、女性要人の警護にあたったりします。また、TVなどでも見かけるように、SPがスーツの上着の前ボタンを常に開けているのは、いつでも拳銃を抜くことができるようにするためで、勤務中はどんなときも気を張り巡らしているのです。
SPの真実いかがでしたでしょうか?次は政治の話に戻り、首相と大統領の役割についてご説明いたします。

大統領と首相、その違いは?それぞれの役割とは

日本では現在のところ安倍首相が国のトップですが、アメリカではオバマ大統領が国のトップですよね。ではこの首相と大統領、どうして国ににょってトップの呼び名が違うのでしょうか。
それは、その国が「議院内閣制」を採っているか「大統領制」を採っているかによります。議員内閣制は間接民主主義に代表される制度で、私たち一人ひとりが「この人が国のトップになってほしい!」と思って選挙するのではなく、私たちが選挙で選んだ代議員が首相を指名します。だから「間接」的な民主主義なんですね。
一方大統領制では、国民一人ひとりが「この人になってほしい」と思う人に投票(とは言っても、アメリカのような大きな国ではもう少し複雑な選挙方法ですが)することで、国の代表を決めます。これを直接民主主義と呼びます。
それぞれ国のトップで、基本的にこなす業務などは同じですが、大統領はより国民の意見が反映されているということで首相よりも一般的に強い権限を有しています。

大統領と首相両方がいる国では…?首相と大統領はどちらが偉い?

しかし世界には、日本と異なり首相と大統領の両方が並び立つ国もあります。これらの国ではそれぞれの役割はどうなっているのでしょう?
答えからいうと、これは国によって異なるので一言でまとめることはできません。国民に直接選ばれた大統領の方が首相よりも偉いと一般には言われますが、例えばフランスでは大統領が外交などを担当し、首相が国内の政治を担当するなどの役割分担を行っています。またドイツでは、大統領は象徴的な意味合いが強く、首相が強い権限を持っています。ですから日本にいると、フランスのオランド大統領、ドイツのメルケル首相という名前をよく聞くのですね。(逆にフランスの首相やドイツの大統領の名前を知っていますか?)
そしてどうしてこのような一見めんどうそうな仕組みが採られているのかというと、権力を分散させて独裁に陥りにくくするためという理由が一般には大きく、それに加え各国の歴史的背景が多分に影響しているものと考えられます。

(記事作成:和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!