記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

ガイドブックに載っていないアメリカ~trafic編~

記事作成: 和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子 | Global |2014.08.25

今回は、筆者が雑誌の取材でアメリカ ジョージア州アトランタに滞在した際に発見したガイドブックに載っていないアメリカ事情をお届けします。それではアメリカtrafic編をどうぞ!

両側26車線!?車線もBIG in numberなアメリカ

アメリカの高速道路(Highway)は日本と異なり無料であることで有名ですが、そのため一般道を走っていたはずなのに、道を一本右折すると高速道路、なんてこともしばしばあります。また、一般道と高速道路が並走していることもあるので、両側合わせて26車線になるなんてことも!一般道だけでも両側8~10車線くらいがスタンダードなので、日本人からすると非常に幅広く感じます。また、写真のように日本とは逆で右側通行左ハンドルなので、最初は困惑するかもしれませんが、驚くほどすぐに慣れます。

アメリカtrafic3

ガタガタの車も当たり前!車検がない車社会アメリカ

アメリカが車大国だということはご存じの通りですが、州によって違いはあるものの、基本的にアメリカのほとんどの州で車検はありません。日本では2年に1回の車検が義務付けられており、それが所有者にとってかなりの経済的負担的になっているので、なんとも羨ましいですね。そうはいっても、実は車検に似た制度はあり、2年に1度DMV(=Department of Motor Vehicles)と呼ばれる州政府の機関で特に排ガスのチェックをしてもらう必要があります。この検査料自体は無料ですが、スモッグチェックに通った証明の発行に30ドル

ほどかかり、車両登録更新通知(Vehicle Registration Renewal Notice)と自動車損害賠償責任保険(Liability Insurance)の加入証明とともにDMVに提出しなければなりません。

それでも、やはり車検がないと日本では絶対に見かけないような車(ナンバープレートがない、バンパーがない、ドアが破損している、泥除けを引きずっているetc.)が当たり前に街を走っています。

車は16歳から!高校生でも1人1台持っているのがアメリカ流

日本では18歳から取得することのできる車両免許ですが、アメリカでは16歳から取得可能です。ですので、多くの人は早いうちに免許を取得し、高校生にもなると毎日自分で運転して学校まで行くなんてこともざらにあります。ほとんどの家庭で2台以上の車を持っているので、免許を取ると親が子供に1台くれるのが通例のようです。

また、取得料も州によって若干の違いはあるものの、30ドル前後(3,000円前後)の申請料で取得することができるので、20~30万円もかかる日本と比べると格段に安い!18歳未満の人はDMV公認の教習所で30時間の講義と6時間の教習を受けることが義務付けられていますが、こちらも250ドル程度(25,000円程度)で受講可能です。

アメリカは車がないと本当に生きていけない社会なので、誰もが取りやすいよう低めに設定しているそう。アメリカで国際ライセンスを取れば日本でも免許証として使用できるので、同じ20万円使うならアメリカ滞在のおまけで免許を取得してみては?

アメリカtrafic4

公共交通機関は案外正確?ユニークなバスの乗り方

バスや電車などの交通機関は、もちろん日本が世界一時間に正確ですが、アメリカも思ったほど遅れたりすることはありません。ニューヨークやボストンなどの都市では公共交通機関がとても発達していますが、そのほか大多数の州では公共交通機関はそこまで数が多くありません。時間には遅れないけれども、そもそも1時間に1~2本しかバスが走っていなかったりするので、乗換での時間のロスがないよう、綿密に計画を立てる必要があります。

またアメリカ運賃は距離に関係なく基本的に一律で(地域による違い、路線による違いはあります)、前から乗って運賃を支払い、降りるバス停が近づくと窓際の紐を引っ張って降車をリクエストし勝手に降りるのが一般的です。気を付けなければいけないのは、アメリカでは通りごとにバス停があり、自分が行きたい場所の一番近くで降りることができるというメリットがあるのですが、時刻表があるのは比較的大きな乗換駅(Transit)だけなので、自分が降りたいバス停にどの時刻に着くのかは自分で予想する必要がありますし、バス停に番号が振ってあるわけでもないので、慣れないうちは通りの名前や風景を頼りに目を凝らして次だ!と目星をつける必要があります。

いかがでしたでしょうか。

アメリカに行く予定がある方は、行く前に知っておくと役に立つかもしれませんね。引き続きガイドブックに載っていないアメリカシリーズをお届けします。

(記事作成:和田 有紀子   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!