記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

まさにカルチャーショック?!ヴェールに包まれたイスラム圏の恋愛事情

記事作成: 茂田井 佳菜   記事編集: 和田有紀子 | Global |2014.09.26

恋愛は世界共通の話題ですが、イスラム教圏の恋愛事情というと、日本人の多くにとってはちょっと想像がつかないのではないでしょうか。そこで今回は、ムスリム(イスラム教徒)たちの恋愛事情の、ヴェールの奥に迫ってみたいと思います。

女性を保護するのが目的だった?!一夫多妻制の真実

まずイスラム教と言えば、一夫多妻制を思い浮かべる人もいるかもしれません。確かに、イスラム教の開祖ムハンマドは、男性が4人まで妻を持つことを認めています。これは、男尊女卑の典型のように捉えられがちですが、実はこの制度、女性を保護する目的があったそうです。

ムハンマドがこの制度を定めた当時、イスラム教対メッカの戦争などによって、大勢のムスリム男性が亡くなりました。そのため、数多くの未亡人と孤児が出現したのです。そこで、彼女たちの生活を守るために、残った男性たちに複数の女性との結婚を認めた、というのが始まりです。それまでは何人とでも結婚してよかったのですが、ムハンマドによって4人に制限されたことと、「全ての妻を平等に愛する」という条件を大前提としたことが大きなポイントです。

実際には2人以上の妻を持つのは難しい

また、日本ではあまり知られていませんが、夫が2人目以降の妻を迎えることに対して、1番目の妻は拒否することができるのです。このような点を踏まえて考えると、単純にこのシステムによって女性差別が行われているとは言えないのではないでしょうか。

女性のヴェールに込められた意味

次に、イスラム教徒の女性たちがヴェールを着ける、というのもとても有名な話ですよね。ではなぜ彼女たちはヴェールを着けるのでしょうか。それは、イスラムでは、「男性は性欲に打ち勝つのは難しい」と考えられていることに起因します。男性の弱い理性を失わせないように、女性は肌や髪を隠すのだそうです。

婚前交渉は禁止。しかし最近は変化も

さらにイスラムの伝統で大きな特徴なのが、「婚前交渉は禁止」ということです。つまり、結婚前に男女が交際することは一般的に許されていません。学校やスキー場など、公共の場では男女別々が普通で、家族や親戚以外の異性とは接する機会がほとんどないのです。道端で男性と女性が出会ったとしても、女性はすっぽりとヴェールを被っているため、年齢や容姿がわからないのが普通です。

しかし最近では、結婚前に交際する人も多いそうです。また、イランには結婚相談所があり、結婚相手を求めて登録する男女もいます。イスラム圏の恋愛に関する文化は、少しずつ変化しているのかも知れませんね。

まだまだある、イスラム教独特の恋愛・結婚観

実は、まだまだたくさん、イスラム教徒ならではの驚きの恋愛・結婚事情があります。しかし、それらの多くは過激な内容のため(笑)、興味のある方はぜひ「イスラム 恋愛」などのキーワードで検索してみて下さい。驚くこと間違いなしです。

参考文献
日経ビジネス 『2人目との結婚・・・「実はかなり難しい」一夫多妻が認められている理由と、その実現可能性』
47NEWS 『地球人間模様』

アイキャッチ画像:kulimpapat

(記事作成:茂田井 佳菜   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!