記事であなたの可能性が広がる ~学生のための記事・イベント配信サイト~

秋の行楽シーズンに利用したい!進化する夜行バス

記事作成: 加倉井 涼   記事編集: 和田有紀子 | Innovation |2014.10.05

友人との旅行、音楽ライブ、就活など、お住まいの地域から目的地へ移動する時に気になるのが移動費ですよね。特に学生のうちはお金をあまり移動にかけられない方も多いのではないでしょうか。そこで夜行バスを移動法として選ばれる人も多いことでしょう。夜行バス=狭い、眠れないというイメージもあると思いますが、最近の夜行バスには女性に特化したバスや、本当にバスなのかと思うほど豪華なタイプが登場しています。今回はそうしたバスの魅力や開発話をご紹介します。

女性に優しい夜行バス

WILLER EXPRESSのバス「Beaute(ボーテ)」は『眠っている間にBeaute(きれい)になれる』というコンセプトのバスです。もともとは女性専用のバスでしたが今では男女共に乗れるようになっており、女性エリアと男性エリアに分かれています。この「Beaute」、夜行バスは安いけれど女性1人で乗るのは不安だから利用しにくいという女性のために登場したそうです。

名称

「Beaute(ボーテ)」という名前はフランス語で「美しさ」という意味で、社内公募により決定したそうです。

開発秘話

とにかく女性の身体にぴったりくるシートを作りたい!という想いに始まり、「女性の高速バスに対するイメージを全て覆そう」というコンセプトのもと、「移動しながらキレイになれるシート」の開発が始まりました。

女性に優しい設備

車内が乾燥して肌がカサカサ、のどが痛い等の悩みを解決する「イオン発生器」、足がむくむというお客様の声から生まれた「CoroCoroマッサージ」、寒がりの女性にとって嬉しい「あったかレッグレスト」、通常のリクライニングに加え、さらに10度座面と背もたれの角度を維持したままシート全体が傾く「電動ゆりかごリクライニング」……その他にもミラーやコンセントなどの機能がついています。これらのシート機能・設備は、お客様の声から実現したものが多いそうです。

Beauteはシート自体を女性用に小さく設計し、その分空間を広く使っていますが、開発時には他のどのシートよりも豊富な機能を、どうシートに格納するかという点でシートメーカーさんが苦労したそうです。これだけ女性のことを考えたバスはなかなかないでしょう。

豪華な個室タイプ夜行バス

中国バスのDREAM SLEEPERは従来の夜行バスの常識を覆し、なんと全席個室!前2席がゼログラビティシート、後の12席はエグゼブティブシートとなっており、どれも前後をパーティションで区切られた個室感覚の座席構造となっています。通常の4列シートバスより1人当たりの広さがなんと3倍。NASAの理論から着想を得た浮遊感を感じながら深眠できるシート、癒しと安眠に効果のあるさくら色のLED、イオン発生器、快眠のための音楽4チャンネル、コンセントやWi-fiなどが装備されています。そこで気になるのが料金ですよね、運行区間は広島—横浜でゼログラビティシートが片道14,500円、エグゼクティブシートが12,500円と、区間も限られ決して安くはない値段ですが、従来と比べて快適に移動できるということを考えると一度乗ってみてもいいかもしれませんね。

s_800px-Chu-bus_Dream_Sleeper_at_Yokohama_Stn._120217
(写真提供:Fusianasan1350  「DREAM SLEEPER」)

夜行バスにあったら便利なもの

バスに乗った後に気づく「あ、こんなものがあったらよかった」。こんな後悔したくないですよね。ここでは、車内で快適に過ごせるであろう、あれば便利なグッズをまとめました。

・マスク
季節により車内は非常に乾燥します。バスから降りた後を楽しむためにも喉を守りましょう。飲み物もあればなおいいですね。
・クッション
移動では首、腰が痛くなることが予想されます。あるのとないのでは大きな違いでしょう。空気でふくらますタイプが持ち運びも楽かもしれませんね。
・ひざかけ
車内の空調が効き過ぎて眠れないなんてことがあるかもしれません。貸し出しがあるバスもありますが確認しておいたほうがいいでしょう。
・アイマスク
カーテンからもれる街灯の光などは意外と気になるものです。
・耳栓
バス移動ということでエンジン音、人の動く音、他の人のいびきなどが気になることもあるでしょう。そういった音を遮断してより快適に過ごしましょう。耳栓は自分の耳にあったサイズを選んでください。

と、ここまでは男女共通ですが女性の方は化粧落とし、着圧ソックスなどがあってもよいかもしれません。

まとめ

今回は女性向けに開発されたバスと豪華な個室タイプのバスを紹介しました。夜行バスのイメージが少し変わったのではないでしょうか?夜行バス=疲れる、新幹線や飛行機と比べれば安いけど快適からは程遠い、というイメージがあった方も多いと思いますが、少し背伸びをしてみてこういった新しいタイプのバスを利用してみるのもよいのかもしれません。これでは新幹線などと移動費があまり変わらないではないか…!と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、夜行バスのメリットは夜寝ている間に移動し、朝目的に着くことができるので、移動で半日を潰すこともなく、ホテル代も浮かせて旅を楽しむことができます。ぜひ学生のうちに色々なタイプの夜行バスで、様々な場所に行ってみてください。

(記事作成:加倉井 涼   記事編集: 和田有紀子

「いいね!」で、最近の情報をチェック!